Top > 注目 > アルバイトやパートであったとしても

アルバイトやパートであったとしても

キャッシングとカードローンは同じようなものですが、少しだけ異なります。

 

どのような違いかというと返済の仕方が違うのです。

 

キャッシングの場合はカードなどでお金を引き下ろしたり、商品を買ってから、翌月一括返済ということになりますが、カードローンなら、返済する方法が分割になりますので、こちらですと金利がかかってしまいます。

 

時々、キャッシングはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、お金のプロである銀行を背景に持ったところが安心なのではないでしょうか。

 

低金利なのに、クレカのキャッシング枠とは比較にならない限度額(?500万円)が銀行系ならではの利点です。

 

誰もが利用している銀行がバックにあるのですから、ダークなイメージとは無縁です。

 

デメリットといえば、審査にやや時間がかかることぐらいでしょう。

 

クチコミなどを見て、借りやすそうな会社を見つけて申し込むのがポイントでしょう。

 

例えばアルバイトといった非正規雇用者の場合でも、カードローンは借りられるのでしょうか。

 

実際は大丈夫です。

 

借りたら返す必要がありますので、審査には一定の収入が必要ですが、一概に正社員でなければいけない、という訳ではないため、もし、アルバイトやパートであったとしても、月々に一定した収入がある場合は、審査を通過する可能性はあると言えるでしょう。

http://nagayamatatsuya.com/

注目

関連エントリー
住宅ローンの審査を受けようと思ってもアルバイトやパートであったとしても試す前に知っておきたいサプリメントの事数を反映しない政治払い過ぎたお金を取り戻す手続き今はこれよりももっと大切な事最終的に調査を依頼するときうまい棒にシェア奪われバイタルアンサーの口コミ2ヶ月目